2010年05月30日

日産中古車購入時のチェックポイント:内外装・ネジ頭・パネル・定期点検整備記録簿

日産中古車で人気があるのは、キューブ、マーチ、セレナ、エルグランド、ノート、モコなどです。

goo-net の中古車目利き講座の日産中古車編には、「車両チェックの勘どころ」が載っています。

@タイヤハウス(フェンダーのタイヤを覆っている部分)内に外装塗料が付着しているとか、メッキやゴム部品などに塗料の飛沫付いているなどの場合も、周辺を詳しく確かめる必要がある。

Aネジ止め(ボルトやナットで固定)している車体まわりの部品を交換する時には工具を使う。ネジの頭の塗装が剥がれていたり、角がくずれているのは、ネジを回している証拠だ。

B車体を構成する部品が溶接で固定されている部分は、シーラー(接合部の隙間を埋める充填材)が塗布されている。修理や交換で再溶接すると塗り直すので、不自然になっている。

Cシーラーは、盛り上がっていたり、窪んでいたり、横方向にヒダがあるなど、鉄板の接合状態やシーラーを塗布する方法によって形状が違っている。不自然に見える部分を見つけたら、車体の左右同じ場所を見比べて判断しよう。

D車体各部はスポット溶接している(鉄板の接合部に小さな丸い窪みが並んでいる)部位も多いが、修理工場でスポットを打ち直している場合は、直径が5mm 以下(新車時は5mm 以上が普通)、窪みが深い、2 度打ちしたずれなど、新車組み立て時の状態とは異なる特徴がある。

E外板パネルなどを修理すると、組み付ける際に誤差が出ることがあり、それは、隣り合うパネルの隙間(チリ)を見ればわかる。隙間の幅が均等になっていなければ、修理している可能性がある。

日産中古車を買う時の注意点は、内外装のきれいさだけにとらわれずに、「定期点検整備記録簿」もチェックして、記載内容を調べ車両がどのように使われ、どのように扱われてきたかも把握する。

内外装で大きなダメージ跡が残っていなくても、整備状態も必ずチェック。

日産中古車など中古車購入は、結婚や転職や商売や株と似ています。見てくれの良さや目先のことにとらわれると、遅かれ早かれ痛い目に会います。
posted by カズ at 12:13| 日産中古車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

日産中古車選びで人気一番のサイト:価額30万円以上は走行距離無制限で1年間無料保証付き

日産中古車選びで人気一番のサイトは、日産のディーラーサイト(日産中古車販売)「Get-U」です。約2万5000台の日産中古車の中から選べます。Yahoo検索でも1位です。

選んだ日産中古車は、全国どこからでも1週間で届きます。

「Get-U」の日産中古車は、走行距離無制限で1年間無料保証のワイド保証、最大95項目点検整備付の価額50万円以上の高品質宣言車、走行距離無制限で1年間無料保証のワイド保証、1年または2年の点検整備付の価額30万-50万円のバリュープラスワイド、3ヶ月ワイド保証ライト、1年または2年の点検整備付の価額30万円以下のバリュープラスの3種類に分かれています。

日産のディーラーサイト(日産中古車販売)「Get-U」

posted by カズ at 18:00| 日産中古車販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

日産中古車シーマが77件:655万-45万円・特に田舎で人気

日産中古車販売のGET-YUでは、現在、日産中古車シーマが77件。価額は655万円-45万円。

最高値の655万円の日産中古車シーマは、展示試乗車でセダン。クリスタルホワイトパール、排気量4500、走行距離44km、年式H22、東京。

最安値の45万円の日産中古車シーマは、シーマLV でセダン。ダークメタルブルー(M)、排気量3000、走行距離111千km 、年式H9 、熊本。

なお、田舎ではトヨタ中古車より日産中古車のほうが安く故障が少ないとの理由で人気のようだ。特に田舎では日産中古車の中では、シーマの人気が高く、定番。もっとも、日産中古車H10前のものは、錆の問題もあるようだ。

日産中古車販売のGET-YUの日産中古車シーマ
posted by カズ at 17:19| 日産中古車販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

日産中古車 エルグランドのチェックポイント11:給油口の蓋も見る:豪華な装備類に目を奪われない  

日産中古車の2002年5月から販売されている現行モデルのエルグランドを購入する際のチェックポイントして、goo-net の中古車目利き講座は「豪華な装備類に目を奪われることが多いので、まず、基本ポイントをしっかりチェック」と言っています。

日産中古車 エルグランドのチェックポイント11は、次のとおりです。

@ボンネットを支えている金具(ヒンジ)を固定しているネジを脱着した形跡を発見したら、事故を疑ってみる。もし、エンジンのメンテナンスなどのために外したのなら、整備記録が残っているはずだから確かめてみよう。

Aフェンダーを固定しているネジの頭の塗装に傷が付いていれば、工具を使ってネジを脱着した跡。つまり、フェンダーを交換あるいは修理していると判断できる。

Bエンジンルームで、周囲と比べて不自然にきれいな部品は、エンジン関係のトラブル修理などで新しい部品に交換しているかもしれない。

C車体前部をぶつけると、フロントグリルの後ろにあるラジエターサポートを修正あるいは交換する確率が高い。歪みや手を加えた痕跡がないか、念入りにチェック。

Dフロントフェンダーの後端とドア、さらにフロントフェンダーとピラー(フロントガラスを挟んだ左右の柱)、それぞれのチリが均一でなければ、前部の外板に手を加えた(修理した)可能性が高い。

E前後左右のドアを見比べて、特定のドアヒンジだけネジの頭に傷が付いていれば、工具を使ったと考えられる。

Fアーム(スライドドアを支えている金具)やレール(スライドさせる溝の金具)などが歪んでいないか、観察してみよう。

Gリアゲートは面積が大きく、後部をぶつけるとダメージを受けやすい。修理や交換したかどうかの目安として、ドアを支えている金具(ヒンジ)の周辺をチェックしよう。まずは、ドアがしっかり閉まるかどうか、確かめてみる。そして、ヒンジを固定しているネジを脱着した跡がないか点検。車体側のヒンジの付け根に板金した痕跡や周辺に歪みがないかも見てみよう。

Hフューエルリッド(給油口の蓋)は、リアフェンダーを板金修理するために外すことがある。ネジを脱着した形跡がないか点検してみよう。フューエルリッドを交換していれば、塗装表面の艶が周囲と違って見えることがある。

I床下を覗いて、不自然な塗装跡(修復跡の可能性がある)がないかチェックしよう。また、マフラーなどの床下の部品類に傷や凹み、交換した形跡などがないかも探ってみよう。

J整備手帳などに記入されたデータにも目を通して、定期的にきちんとメンテナンスを受けてきたかどうかもチェックしよう。詳細な記録が残っている車両ば、走行距離が伸びていてもコンディションがよく、機能部分には大きな問題を抱えていないと推測できる。

(引用先:goo-net の中古車目利き講座 日産中古車 エルグランド)。
posted by カズ at 23:53| Comment(14) | TrackBack(0) | 日産中古車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

日産中古車フェアレディZとシルビアの価額とチェックポイント

goo-net の中古車8月人気ランキングでは、日産中古車では1位スカイライン、10位エルグランド、12位フェアレディZ、13位シルビア、16位セレナでした。

◆12位日産中古車フェアレディZは、全国で1011台あり、関東地区では363台あります。例えば年式平成17年は21台で価額209万ー336万円。

価額209万円、、、ベースグレード 後期型 HIDライト 、パール、走行1.1万Km。

価額336万円、、、ロードスターバージョンT DVDナビTV 、プレミアムサンシャインイエロー、走行0.4万Km。

goo-netは、日産中古車フェアレディZについて「スポーツカーは走りが要。車体にダメージを受けていないか、基本ポイントを押さえながら各部をチェック。走行機能系にも目を光らせよう。整備状態によってもコンディションに差があるので、点検整備記録の詳細を調べることも大切だ。

異音が発生していないか、確実に切り替えができるかどうか、トランスミッションの状態を確かめてみよう。オートマチックは、NからDへ、NからRへなど、各ポジションにセレクトレバーを操作してみる。さらに、できるだけ試乗して、ギヤが切り替わる時のショックが激しくないかをチェック。使い方によっては5万kmも走行しないうちに不良になることもある。アクセルを踏んで動き出す時や加速する時のタイミングが長い場合は、滑って繋がりが悪くなっているので要注意。また、試乗したら、駆動系各部から異音が発生していないかもチェックしよう。

エンジンをかけてみよう。異音が聞こえり、大きな振動が出ているようなら、トラブルを抱えている可能性がある。キーを捻って、モーターの回転が弱かったり始動がもたつく場合は、バッテリーが弱っていたり、エンジンの調整が必要かもしれない。実際に走ってみるのが望ましいが、エンジンが暖まってからアクセルペダルを軽く煽ってみて、スムーズに回転が上下するかどうかも試してみよう。

車体の前後が短くドア開口部が大きいことから、走り方によっては車体が捻れることも考えられる。車体まわりからのキシミ音などにも聞き耳を立てよう。また、なかには改造している車両もあるが、その場合は最高速や加速などといった目的や、改造の度合いを把握する必要がある。

走行距離とタイヤの減り具合を見よう。高年式車で走行距離が少ないのに極端にタイヤの一部が減っている(偏摩耗)場合は注意が必要だ。アライメント(タイヤの取り付け角度)が狂っているだけなのか、あるいは事故で受けたダメージなどで車体が歪んでしまったのかを確かめる必要がある。また、タイヤの接地面だけでなく角や側面まですり減っていたら、激しい走り方をしていたと推察できる。その場合は、車体やエンジン、サスペンションなど各部に負担をかけていると判断できるし、走行に関わる部品などの消耗も進んでいるはずだ。また、メーカー推奨以外の太いホイールとタイヤ、あるいはサスペンションを交換している(たいていは色が付いた目立つ部品が付いている)などの改造車両は、専門家に相談したほうがいいだろう」と言っています。

◆13位日産中古車シルビアは全国で1098台あり、関東地区では340台あります。例えば年式平成14は24台あり、価額は79万ー244万円。

価額は79万円、、、スペックS 、シルバー、3.4万Km。

価額244万円、、、スペックR Vパッケージ 最終型 フルノーマル 禁煙車、ホワイトパール、走行1.8万Km。

goo-netは、日産中古車シルビアについて「 シルビアは本格的な走りが楽しめる貴重なスポーティモデル。峠道やサーキットでガンガン走っているクルマが多いのでエンジンに大きな負担がかかっていたりブツけてダメージを負っている中古車も多いからよく確認したい。しかもオーナーのほとんどはチューニング愛好者。車検対応マフラーの装着程度なら問題ないがエンジンに大幅に改造を加えたり強化サスペンションを組んだクルマはコンディションをしっかり見極めよう」と言っています。
posted by カズ at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産中古車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。